実践!オンライン英会話の比較・体験記

たくさんあるオンライン英会話。シドニー在住、海外生活6年のわたしが、実際に使ってみたオンライン英会話の体験をレポート、比較してお届けします。

HOME > 上達を加速させる秘密 > 最短で英会話を身に付けるには-英語で英語を勉強することの難しさ

最短で英会話を身に付けるには-英語で英語を勉強することの難しさ

投稿日: 2013年10月11日
カテゴリー:上達を加速させる秘密

海外留学すれば英語は喋れるようになると思っている、わたしのような人は多いです。

 
事実、時間とお金を掛ければ、喋れるようにはなりますが、

非常に遠回りです。

 
ほとんどのオンライン英会話もそうですが、海外で英会話を習おうとすると、
全ての内容を英語で説明されることになります。

語学学校に通ったり、オンライン英会話でテキストを使っても、
レッスンを受けるわけなので、母親が赤ちゃんに教えるように英語を習うわけではありません。

ぜんぜん話せない状態でレッスンを始めると、
中学校で習ったような文法を、英語で習うことになるのです。

動詞がどうのこうの、現在形・過去形・過去分詞、現在完了形の使い方など、

言語を勉強する専門用語を英語で使いながら英語の勉強をする

のが語学学校です。

「そんな単語使いこなせたら、もっと上のレベルのクラスにいるって。゚(゚´Д`゚)゚。」

と嘆いても、日本を出国してしまったら、残念ながら手遅れです。

 
 
「海外留学すれば英語は喋れるようになる(・∀・)!」

と思っていたわたしが、初めての留学先でどうなったかというと、
同じ内容のレッスンを3回は受けるはめになりました。

丸っと1年語学留学していたので、サバイバルな英会話は身に付けましたが、
日本語で理解しておけば簡単だった基本が身についていれば、
倍は喋れるようになってたと思います。

 
非常に勿体ないです。

 
オンライン英会話にも同じことがいえます。

日本語が完全に話せる講師ならまだしも、多少サポートできます、程度の
日本語しか話せない講師のレッスンを受けるのは、予習・復習に時間を費やせる人以外は、
少なくとも、ざっくりしたリスニングが出来るようになってからのほうが無難です。

レッスンがちぐはぐになって、惨めな気持ちになって終わる可能性が高いです。

 
初めから張り切って英語のみでレッスンを受け、残念な結果にやる気をなくすよりは、
馬鹿にしないで日本人講師の力を借りましょう。

残念ながら中学、高校を卒業してしまい、身近に英語教師がいない人に是非とも体験して欲しいのは、
アルクのバーチャル英会話教室です。

さすがアルクさん、日本人講師の重要性を分かってます。

ただ日本語も英語も喋れます!な日本人ではなく、
小・中学校を外国で過ごした人や、ハーフの半ネイティブな講師が数多く在籍してます。

初めは無理しすぎず、日本語でしっかりと英会話の基礎づくり、
自身をつけて、英会話に望みましょう(・∀・)


英会話のアウトプット、充分に行っていますか?

 リスニングやリーディングのインプットのみの学習では、いつになっても英会話が話せるようにはなりません。断然安くネイティブ講師のレッスンが受けられるバーチャル英会話教室で、せっかく頭に入れた学習内容を無駄にしないようアウトプットしましょう!