実践!オンライン英会話の比較・体験記

たくさんあるオンライン英会話。シドニー在住、海外生活6年のわたしが、実際に使ってみたオンライン英会話の体験をレポート、比較してお届けします。

HOME > 上達を加速させる秘密 > 知っていると心強い、英語での自己紹介の一例

知っていると心強い、英語での自己紹介の一例

投稿日: 2013年10月19日
カテゴリー:上達を加速させる秘密

 オンライン英会話でレッスンを受ける際、相手が初めての講師である場合、高確率で自己紹介のシーンがあります。

 グループレッスンであるアルクのバーチャル英会話教室はそこまでではないですが、フィリピン人講師のマンツーマンレッスンだと、わたしの経験上、95%くらいの確率で、最初の5-10分が自己紹介に使われます。

 オンライン英会話が格安なので、予習復習まで考えずに気軽に受ける人が多いことと、レッスンをやりながら英語を覚えよう、と思っている人が多いからだと思いますが、自分の名前くらいしか言えず、レッスン開始と同時に窮屈な沈黙→あまりの準備不足に後悔する人も少なからずいるかと思われます。
 

 オンライン英会話にかかわらず、外国人の友達を作りたい人、海外留学する人、旅行に行って、よりローカルに近い体験がしたい人なども、自分のことが話せて損はしません。

 同じ人を相手に何度も自己紹介することは基本的にないので、素敵なパターンを作って覚えたら、使いまわせるのも自己紹介文の良い所です。

 この機会に、英語でどんな自己紹介ができるか考えてみましょう!

英会話で自己紹介の一例

まずは名前

名乗らないことには始まりません。

My name is ***.

I am ***.

など、シンプルに名前だけ名乗ってもいいですし、
長いお名前の人は「**って呼んでね♪」という意味の、

Call me **

を付け足すと良いかと思われます。

個人的には、Just call me **のほうがしっくりくるので、Just付きで使うか、
初めからニックネームだけ名乗ることも多いです。

住んでる場所

I live in (Tokyo).

I’m from (Tokyo).

など、オンライン英会話では、住んでる場所を聞かれることが多いので、
サラッと付け加えてしまいます。

ただし、東京、大阪、名古屋など、有名都市でない限り、
微妙なリアクションが返ってくる確率が高いので、

It is near (Tokyo).

It is (north) of main land.

など、ざっくりとした場所の説明も用意しておくか、
大きく括って東京や大阪出身になってしまうのが良いかと思います。

私は静岡出身ですが、大体、

Where the mount Fuji is.

と言うと、おー、良いねー、って感じになります。

仕事のこと

I work at office. (オフィスで働いています。)

I’m a university student. (大学生です。)

I’m a salesman at (Toyota). (トヨタでセールスやってます。)

など、自分の職業について話しましょう。

ちなみに、トヨタに深い意味はありません(^q^)

趣味のこと

そして自己紹介の定番と言えば趣味についてです。

I like (watching movies).

I like (travelling).

I like (eating out).

など、likeを使うのと、強調したい場合は

I love sleeping (゚∀゚)

のように、loveと使うと良いです。

趣味については話を広げちゃっても良いかと思います。

I like watching movies.
→ The last movie I saw is *** and it was very (good). (一番最後に観た映画は**で、とても良かった。)
→ My favorite movie is ***. Do you know ***? (一番好きな映画は***なんだけど、知ってる?)

I like travelling.
→ My favorite (place/country) is ***. (わたしの一番好きな場所/国は***です。)
→ I am going to *** next (year). (来年**に行くんです。)

などなど、それに関する話題なら何でも付け足しちゃってOKです。

家族のこと

趣味の話題がうまく広げられず、まだ自分の自己紹介が続いている雰囲気のようだったら、
とりあえず家族構成について話してみましょう。

I live with my parents. (両親と一緒に住んでいます。)

I have (a sister). (妹が1人います。)

I have (two cats). (猫を飼っています。)

などなど、基本的なことから、趣味同様、詳しく話せれば何でもいいので話しましょう。

自己紹介を切り上げたい場合

レッスン時間がそもそもそんなにないので、自己紹介のネタが尽きてモゴモゴしてきたら、
気まずい雰囲気になる前に切り上げるべきです。

And ,,,,, Yeah.

というと、ネタが尽きてる様子が相手に伝わるかと思います。

Andを、アーンド、、、みたいな感じに
「他に言うことがないか考えている風」に伸ばすのがポイントです。

さらに、相手の自己紹介がまだの場合は、

What about you?

と切り返せば、少なくともあなたの自己紹介ターンは終了させることができます。

ただし、相手が早口で自分のことを話しだしたら理解しきれない可能性があるので、
できれば理解できるスピードで喋ってもらい、
分からないことは聞くのが、時間を有効活用できておすすめです。

疲れてくると、どうしても聞き流しちゃうんですよね(´・ω・`)


英会話のアウトプット、充分に行っていますか?

 リスニングやリーディングのインプットのみの学習では、いつになっても英会話が話せるようにはなりません。断然安くネイティブ講師のレッスンが受けられるバーチャル英会話教室で、せっかく頭に入れた学習内容を無駄にしないようアウトプットしましょう!