実践!オンライン英会話の比較・体験記

たくさんあるオンライン英会話。シドニー在住、海外生活6年のわたしが、実際に使ってみたオンライン英会話の体験をレポート、比較してお届けします。

HOME > 上達を加速させる秘密 > 留学生活を無駄にしない、現地でやるべき勉強法

留学生活を無駄にしない、現地でやるべき勉強法

投稿日: 2014年02月01日
カテゴリー:上達を加速させる秘密

 海外留学、ワーキングホリデー、なんならバックパッカーを加えてもいいと思いますが、

\なぜ留学(ワーホリ・バックパッカー)したいの?(・∀・)/

 と聞かれたときに、

 英語が喋れるようになりたいから!いろいろな国の人と交流してみたいから!という答えが含まれている人は、ほぼ100%何じゃないかと思います。

 
 では、現地での学習について、具体的に考えてる?

 
 もちろん、多くの人は、学校に通うなり、パブに通いつめて地元の人脈を作るなり、スポーツとかアクティビティとか、地域の趣味グループに参加して人と交流するとか、それなりの計画とか理想があると思います。

 しかし、それはあなたの滞在できる期間と、理想の英語力を考えたときに、充分な学習内容ですか?

 
 たとえば、ひとつの区切りである1年、という期間は、まる1年海外で暮らすと思うと長いようですが、英語が話せないで出国した人が通訳レベルの英語を身に付けるには全く足りません。

 それなりに頑張れば、ざっくりとした日常会話は身につくと思いますが、銀行口座開設、携帯電話契約、不動産購入の英会話なんかも、1年の留学期間では不安が残ると思います。

 
 1年は長くない、ワーホリで2年滞在しても、それでも不十分。

 出国前から、それを知っておいて、留学生活中に1分1秒も無駄にしないで頑張ろう!と思えれば良いですね。

現地でこそできる学習法

 では、海外滞在期間を無駄にしないために何をするべきか?

 私が行った中で、現地でこそできる英会話の学習法で効果的だったのは、「誰かの発言を丸っと復唱すること」です。

 
 ホームステイ先のリビングで家族が話している会話、学校で講師が話す言葉、入ったカフェでスタッフが使う言葉などなど、なんでも良いので、耳に入ってきた言葉を、できれば声に出して、不審者になりそうな状況だったら、頭のなかだけでも良いので、復唱します。

 
 それらは実際にネイティブが使っているフレーズや単語ですし、使われる状況もばっちり理解することができ、一石二鳥です(・∀・)b

 ホームステイ先で行う場合なんかは、予め家族の了解を得ておけば、堂々を勉強できるので更に良いと思います。

 
 ただ、英会話が全くできない状況では、復唱するのに単語が聞き取れないし、一体何を話しているのかも分からないかと思います。

 せめて短いフレーズは聞き取れる、会話の内容がなんとなく予想できる、程度の英語力は、出国前に付けていくべきです。


英会話のアウトプット、充分に行っていますか?

 リスニングやリーディングのインプットのみの学習では、いつになっても英会話が話せるようにはなりません。断然安くネイティブ講師のレッスンが受けられるバーチャル英会話教室で、せっかく頭に入れた学習内容を無駄にしないようアウトプットしましょう!