実践!オンライン英会話の比較・体験記

たくさんあるオンライン英会話。シドニー在住、海外生活6年のわたしが、実際に使ってみたオンライン英会話の体験をレポート、比較してお届けします。

HOME > オンライン英会話体験談 > バーチャル英会話教室 > アルクのオンライン英会話のデメリットについて考えてみた

アルクのオンライン英会話のデメリットについて考えてみた

投稿日: 2014年02月22日
カテゴリー:バーチャル英会話教室

 当ブログでは、わたしが体験したオンライン英会話を比較していますが、中でも自身を持っておすすめしているのは、アルクのバーチャル英会話教室です。

 わたしが無料体験でレッスンを受けた講師や、レッスンの感想については、バーチャル英会話教室のカテゴリ内で紹介していますが、良い印象が強いので、基本的に良いことばっかり書いてます。

 では、バーチャル英会話教室には欠点はないのか?と思い、アルクのバーチャル英会話教室のデメリットについて考えてみました。

グループレッスンの限界

 その他の多くのオンライン英会話が、マンツーマンレッスンを行っているのに対し、バーチャル英会話教室はグループレッスン。

 しかし、グループレッスンであることは、思っていたよりデメリットには感じませんでした。

 レベル分けがしっかりしているので、他の誰かが足を引っ張っているようには感じませんし、人によって好んで使う単語や言い回し、話題の発想が違かったりして、他の生徒から学べることが沢山あるからです。

 レッスンも45分で、オンライン英会話にしては長めなので、発言できなかったー!と、なることもありません。

 
 グループレッスンであるデメリットは、レッスンそのものというよりは、一緒にレッスンを受ける生徒にあります。

 レッスンがグループなのは良いんですが、同じレッスンルームに誰が入室済みなのか入るまで分からないのは、避けたい人がいる場合に避ける方法がありません。

 
 バーチャル英会話教室の生徒は全員日本人なので、ほぼすべての人が、譲りあいの気持ちや、全員でレッスンを受けている、という自覚、他の生徒からも学ぼうという姿勢をもっていて、ときにはマンツーマン以上の効果を感じられたり、盛り上がったりします。

 
 しかし、やっぱり人間同士の相性ってありますし、「空気がよめない人」っていうのも存在します。

 無料体験を受けた記録にも書いたんですが、一度だけ、できるものならもう会いたくない、と思わせる生徒と一緒にレッスンを受けました。

 その人は、言い回しのクセはありますが充分に英会話ができる人で、とにかく自分が講師と話したがりました。

 レッスンの進行上、生徒同士(生徒が2人だけだったので、つまりその生徒と私。)でロールプレイをやる時以外は、私の存在やレッスンの進行、残り時間を無視して自分の話したいことを話し続け、

 しかも会話のところどころに、セクハラな内容が入り込んでいる、非常に癖のある人でした。

 
 「自分のことばかり話さない」「空気を読む」というルールがあるわけでもないですし、お金払って英会話レッスンを受けているんだから、話さないと損なのも分かりますが、バーチャル英会話教室はテキストを使ったグループレッスンを行ってます。

 自分でトピックを選んでたくさん話したい場合は、講師がフィリピン人だったとしてもマンツーマンレッスンのほうが目的にあってるのになー、と思いました。

 
 しかし、バーチャル英会話教室では、

「次にこの人が入室してるのを見たら、一緒にレッスンを受けるのは止めておこう。」

 というのができません。

 「1名入室しています」とは表示されますが、「〇〇さんが入室しています」とは教えてくれません。

(まあ、表示されたら、それはそれで問題な気もしますが)

 どうしても避けたい生徒がいても、開いてる時間にマンツーマンレッスンを狙わない限り、完璧に避ける事ができないんですよねー。

 
 でもまあ、そんな人にはそうそう出会わないですし、出会ってしまったら最悪その日のレッスンは諦めて、急用ができたとでも言って退出してしまえばいいので、やっぱりバーチャル英会話教室は良いオンライン英会話だと思います。

 わたしには合ってます。

バーチャル英会話教室


英会話のアウトプット、充分に行っていますか?

 リスニングやリーディングのインプットのみの学習では、いつになっても英会話が話せるようにはなりません。断然安くネイティブ講師のレッスンが受けられるバーチャル英会話教室で、せっかく頭に入れた学習内容を無駄にしないようアウトプットしましょう!