実践!オンライン英会話の比較・体験記

たくさんあるオンライン英会話。シドニー在住、海外生活6年のわたしが、実際に使ってみたオンライン英会話の体験をレポート、比較してお届けします。

HOME > 海外・留学生活 > 日本語が逆に難しい海外生活でのひとコマ

日本語が逆に難しい海外生活でのひとコマ

投稿日: 2014年03月04日
カテゴリー:海外・留学生活

 海外生活合計7年目になり、人生の4分の1を占めるようになりましたが、今だに断然日本語のほうが楽です。

 ダラダラテレビを見てても難なく理解できるのは日本語だし、初対面の日本人と話すのは、英語で話す場合よりずっと気が楽です。

 馴染みのない方言を話す人の日本語は基本的に理解できますが、癖のある英語を話す人のいうことは、聞き返す確率が高いです。

 
 しかし、英語のほうが簡単で、日本語だと逆に苦労する場合もあります。

 以前、喫茶店で働いていたとき、接客はもちろん英語だったんですが、たまーに日本人のお客さんが来たとき、日本語で注文されると困惑しました。

 コーヒーの注文取る一連のやり取りって、自分中でマニュアル化されてるので、

「カプチーノとひとつ」

 とか言われたときに、普段なら「Have here or take away?」と聞き返しているところ、「えっと、…こちらでお召し上がりですか…?」というのが出てこないし、日本語ってのんびりしてるんですよね。

「small or large?」

 て聞くのにも、

…サイズはスモールですか?

 って聞くのが正しいのか、日本語でコーヒーの注文取る仕事をやったことないので戸惑いました。

 
 それでも、コーヒーはまだ良い方で、そのカフェではトルコ風ケバブも販売してたんですが、これの注文を日本語でされると、非常に残念なことになりました。

「ケバブひとつ」

 という魔のオーダーを受けた後、選べる項目が多く、しかも、日本語でなんて言うのか分からないものがチラホラ。

 今思えば、普通に、ビーフですか?チキンですか?と聞けばいいと思うんですが、その状況にいたときに、日本語に混ぜて使う英語が妙に居心地悪く、牛肉と鶏肉とどちらがいいですか?と聞く私…。

 ソースは何がありますか?と聞かれるのも最悪で、多くの人が好んでいる、ひよこ豆から作られている、「ホモス」というソースとか、そのまま「ホモス」で良いのか妙に悩んだりしました。

 バーベキューソースも、1日ずっと英語をしゃべり続けてると、日本語で会話してるのに、バァベキュウソゥスみたいな発音になり、1人で何語を話しているのか混乱します。

 トッピングできる具材の「タブリ」というサラダも、タブリで良いのか??

 

 日本語で慣れていなく、英語で身に付けた会話、とくに日本で未経験だったものを、日本語でやろうと思うと、変な挫折感を味わいます、
ということが分かりました。

 おそらく私は、日本語での恋人生活も戸惑う状況だと思います。

(「愛してる」っていう日本語は、状況が特別なら、口にできる言葉なんですか??)


英会話のアウトプット、充分に行っていますか?

 リスニングやリーディングのインプットのみの学習では、いつになっても英会話が話せるようにはなりません。断然安くネイティブ講師のレッスンが受けられるバーチャル英会話教室で、せっかく頭に入れた学習内容を無駄にしないようアウトプットしましょう!