実践!オンライン英会話の比較・体験記

たくさんあるオンライン英会話。シドニー在住、海外生活6年のわたしが、実際に使ってみたオンライン英会話の体験をレポート、比較してお届けします。

HOME > 海外・留学生活 > 始めて英語で夢を見たときの話

始めて英語で夢を見たときの話

投稿日: 2014年03月16日
カテゴリー:海外・留学生活

 英語で夢を見る、というと、物凄く英会話に親しんでいる人なんだなー、という印象がありますが、わたしの経験に基いて、英語で夢を見るための英語レベルを考えてみると、思っているより、かなり低い英語力だったことを思い出します。

 
 わたしが始めて英語で夢を見たのは、イギリス語学留学開始後、半年も経ってない頃でした。

 夢の中でわたしは、実際にわたしが話せるよりずいぶん流暢に英語を話していました。

 まあ、起きたときに覚えていたのは、会話が英語だったことと、起きてる時の自分も知っている単語単語だったんですが、始めて英語で夢を見た、という事実に驚愕したのを覚えています。

 
 なんといっても、その頃のわたしの英語は、けして自慢できるものではありませんでした。

 ほぼ喋れない状態で渡英したので、半年未満の頃の英語力は基本的な会話は身についてきたけど、旅行に行ってトラブルがあったら困る感じでした。

 公開するのがみっともなくて恥ずかしいんですが、1年留学した後、帰国直後に受けたTOEICは640点とかだったと思うので、その結果から見ても、6ヶ月頃の英語力は鼻で笑えるレベルです。

 
 ただ、日本語が全くない環境にいて英語に浸かっていたため、日本語から訳さなくても話せる簡単な文が多少あり、英語脳というか、英語で考える習慣みたいなものはでき始めていた頃だと思います。

 おそらく、英語で夢を見るコツはその辺にあるんじゃないかと思ってます。


英会話のアウトプット、充分に行っていますか?

 リスニングやリーディングのインプットのみの学習では、いつになっても英会話が話せるようにはなりません。断然安くネイティブ講師のレッスンが受けられるバーチャル英会話教室で、せっかく頭に入れた学習内容を無駄にしないようアウトプットしましょう!